DJ機器、CDJやターンテーブルを高く売るなら


CDJやターンテーブルなどのDJ機器を売りたいと思ったら、どこに相談するのがベストなのでしょうか?愛着のある機材を少しでも高く売りたいと考えている人に、注意すべきいくつかのポイントについて解説します。

◆ DJ機器にはさまざまなものがある

DJはクラブなどで自分のセンスで選曲をして、ターンテーブルを巧みに使いこなし、フロアの空気をクリエイトする演出家的な存在です。トラックメイカーも兼ねるDJもいて、DJが既存の曲をアレンジしてリリースすることもあります。最近ではインターネット上でPCDJとして活躍する人も多く、その気になれば誰でも自宅にDJ機材を揃えることができる時代です。

これまでいくつものメーカーがこぞってDJ機器の開発と販売を手がけてきました。それだけにDJ周辺機器は実にバラエティ豊かな商品が揃っています。ターンテーブル、ミキサー、VJ、CDJなど枚挙に暇がありません。

DJ機器を高く売るには

DJ機器をできるだけ高く売却したいと考えるならば、付属品はすべて揃えておくようにしましょう。自分が使わないと思っても、いつか売る時のことを考えて捨てることのないようにして下さい。保証書や取扱説明書などに関しても欠けのないようにしましょう。

やはり、DJ機器も新しいほど高い値段が付きやすくなっています。いつまでも同じ製品を使い続けることも大事ですが、新機種が出たら買い替えをするぐらいの感覚でいた方が良いのかもしれません。DJは最新のテクノロジーをどれだけ使いこなせるかが勝負となることもあります。できるだけコストをかけずに常に最新機器を購入するには、買取を賢く利用することをおすすめします。

しかし、いくら人気のモデル、型番でも汚れが目立つようでは安い査定額が付いてしまうこともあります。査定前にすみずみまでホコリをよく拭き取っておくようにしましょう。また、日頃からこまめに掃除をするなどメンテナンスを心がけることも大事です。

≫楽器の買取査定相談はこちら≪

DJ機器を売却する方法

DJ機器を売るには、知り合いを当たってみるというやり方もあるかもしれません。しかし、金銭トラブルに発生したという事例も結構あるので、知り合いが必ずしも安心できるとは限らないのが難しいところです。

近くのリサイクルショップに持ち込んでみようと考えている人もいるかもしれません。しかし、リサイクルショップでは中古DJ機器の専門家が査定するわけではないので、期待していたよりも安い値段を提示されることも少なくないのです。愛着のある機材ならばやはり価値をわかってくれる業者に売却したいのではないでしょうか。

もし、近所に楽器店があるならば店頭買取をお願いしてみても良いでしょう。こちらは専門家が査定してくれますし、何よりもすぐに現金化してもらえるというメリットもあります。近くに店舗がないならば宅配買取を利用してみてはいかがでしょうか。専用キットでDJ機器を送付し、査定をしてもらい、金額に納得できたら買取をお願いするという流れになります。ただし、1週間ぐらい時間がかかるので急いでいる人には向きません。すぐにお金が欲しいならば出張買取をお願いしてみるのも良いでしょう。ただし、こちらも対象エリアがあることに注意してください。

以上のようにDJ機器はさまざまな方法で買取を依頼することができますが、安心できる業者を選ぶことが何よりも大事ともいえます。たとえば、おすすめは楽器高価買取専門店「中古楽器堂」です。プロがしっかりと査定してくれるのはもちろんのこと、出張買取、店舗買取、宅配買取のすべてに対応しているため希望するサービスを選択できるのは大変便利です。電話やメールでの相談に応じているので、まずは気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。