アンプ類を高く売るなら


もう使わなくなった楽器用アンプを自宅に眠らせたままにしていませんか?廃品回収に出すにも一苦労の大型アンプもありますが、実は気軽に売却する方法もあります。アンプを高額買取してもらうポイントについて解説しましょう。

◆ 楽器用アンプとは?

楽器用アンプとは、オーディオ再生用のアンプとは違って楽器の一部であることが大きな特徴です。ギターにはギター用アンプ、キーボードにはキーボード用アンプがあり、さらにミニアンプから大型三段積みアンプなど実に様々な商品が存在しています。

中古楽器市場でよく取引されているのがエレキギターのアンプです。そもそもエレキギターにアンプは必需品でもあります。練習用からプロ仕様のものまでありますが、有名メーカーのアンプは有名ミュージシャンが愛用していることもあり高額買取につながりやすいと言われています。また、ドイツ系のメーカーも世界的に性能が評価されているため、比較的高額で取引されているようです。

アンプを売るための準備

より高い値段でアンプを売りたいならば、査定前にいくつか準備しておきたいことがあります。一手間かけるかかけないかで値段も大きく変わってくるという点に注意しましょう。

◆ 掃除をしておく

ホコリをかぶったままのアンプでは、どうしても安く見積もられてしまいます。査定に出す前にはせめてホコリを落とし、自宅でできる範囲でかまわないのでクリーニングしておきましょう。

◆ ガリが出ないようにしておく

「ガリ」とはノイズのことですが、ガリが出るアンプはジャンク品として扱われることも少なくありません。ガリが発生するようならば、接点復活剤などを使用して「ガリ抜き」という作業を試みるのも一つの方法です。しかし、壊してしまっては元も子もないので、電気機器の扱いに慣れている人に相談するなど、くれぐれも無茶な作業は控えるようにしてください。

◆ 付属品を揃えておく

付属品がきちんと揃っているアンプは、やはり高値がつきやすいものです。説明書、保証書、ケーブル、箱などの付属品をきちんと揃えておきましょう。

◆ アンプセットとして売る

アンプ、チューナー、シールドをまとめてアンプセットとして購入しているならば、セットとして売った方が査定額は高くなります。エレキギターも売ろうとしているならば、別々で売却するよりもまとめた方が高く買い取ってもらえるというわけです。

≫楽器の買取査定相談はこちら≪

中古アンプを売る方法

中古アンプを処分するには、たとえばネットオークションを利用するというのも一つの方法です。しかし、出品するにはオークションサイトに登録したり、アンプの写真を撮影してアップするなど結構手間がかかります。苦労した割には安値しかつかず「がっかりした」という声も少なくありません。

やはり、中古アンプの売却は専門業者に依頼するのがおすすめです。それもリサイクルショップではなく中古楽器専門店で、楽器専門のプロに適正価格の査定額を出してもらうようにしましょう。専門業者と一口に言っても店頭買取、宅配買取、出張買取とそのサービス形態はさまざまなので、比較検討してみてはいかがでしょうか。

店頭買取、宅配買取、出張買取のどれにしたら迷っているならば、おすすめは楽器高価買取専門店「中古楽器堂」です。3パターンのいずれにも対応しているのはもちろんのこと、楽器査定のプロが丁寧に対応してくれます。一人では運び出せない大きなアンプへの対応もしてくれるので、電話またはメールで一度相談してみてはいかがでしょうか。